カンボジアには、入国するためのビザ(緑)と滞在するためのビザ(青)があります。日本のパスポートはビザ無しで様々な国に渡航できる世界トップのパスポートですが、カンボジアでは必ずビザが必要です。まずは全ての方が入国ビザ(緑)をもって入国することになります。こちらは容易に取得でき、30日の滞在が可能です。そして30日以上滞在する場合にのみ、滞在ビザ(青)をカンボジア入国後に申請します。

入国ビザ(緑)

入国ビザ(緑)にはツーリストビザ(T) とビジネスビザ(E) があり、観光以外の目的で滞在する方は全員がビジネスビザ(E)を選択します。仕事はもちろん、添乗員、企業視察、セミナー参加、留学、ボランティア活動、長期滞在もビジネスビザ(E)です。出発前に日本のカンボジア大使館やインターネットで取得する方法と、カンボジア到着後に空港で取得する方法があります。必要書類はパスポートと写真のみで、申請書は各取得場所で入手できます。パスポートの残存期間は「カンボジアに入国する日」から遡って起算し、取得する入国ビザ(緑)の期間+6ヶ月となります。また、余白が見開きで2ページ以上必要となりますので、申請前に確認しておきましょう。証明写真はスナップ写真や、ポラロイド・デジタル写真は不可となっています。背景は白が望ましいです。

入国ビザ(緑) の取得方法

入国ビザ(緑)は次の4つの方法で取得することができます。

1. 出発前に在日本カンボジア大使館・領事館の窓口で申請する

日本には下記6つの在日本カンボジア大使館・領事館があります。こちらの窓口へ出向くことでビザを申請することができます。アクセスが容易かつ、事前に日本で取得しておきたい方におすすめです。ただし、窓口の受付時間が限られている、発給は申請翌日以降となる、アライバルビザよりも手数料が高くなる、といったデメリットがあります。お支払は日本円で現金のみです。申請はご本人が来館するほか、ご家族や代理人も可能ですが、代理人申請の場合は申請書にご本人のサインが必要です。申請用紙は窓口にありますが、事前に各ホームページからダウンロードし必要事項を記入した上で持参するとスムーズです。ビザの料金や、発行所要日数、営業・申請時間、記入用紙なども、大使館および各領事館ごとに異なります。

〇在日本カンボジア大使館(東京)
http://www.cambodianembassy.jp
東京都港区赤坂8丁目6-9
 TEL:03-5412-8521

○在大阪カンボジア王国名誉領事館
http://www.cambodia-osaka.com
大阪市北区茶屋町12-6  エスパシオン梅田ビル9階
 TEL:06-6376-2305

○在名古屋カンボジア王国名誉領事館
http://cambodia-hc-nagoya.com/
愛知県名古屋市千種区高見2-7-7 ユニオンビル3F
 TEL:052-979-5578

○在札幌カンボジア王国名誉領事館
http://www.cambodia-sapporo.com
札幌市中央区北4条西11丁目SOCビルディング2F
 TEL: 011-231-3511

○在福岡カンボジア王国名誉領事館
http://www.fukuoka-cambodia.jp
福岡市中央区天神1丁目4-1 西日本新聞会館15階
 TEL: 092-717-1255

○在仙台カンボジア王国名誉領事館
http://www.sendai-cambodia.com/
仙台市青葉区上杉1丁目6番6号 イースタンビル701号室
 TEL: 022-393-4861

2. 出発前に在日本カンボジア大使館で郵送で申請する

日本で事前に取得したいけれど来館が難しい、という方でも大使館が日本全国から郵送でビザ申請を受け付けています。パスポートの原本と写真、ダウンロードし記入したビザ申請書、返送宛先を書いたメモの4点を現金書留で郵送します。郵送は大使館のみのサービスであるためダウンロードする書式は必ず大使館の申請用紙を使用します。ただし、取得まで約1週間かかること、申請の取り消しができないこと、窓口よりも手数料が高くなるといったデメリットがあります。

〇カンボジア大使館 郵便VISA係
 http://www.catgroup.co.jp/visa/
※郵送の場合は東京の大使館住所とは送り先が異なりますのでご注意ください

3. カンボジア到着後に空港で申請する ※現在Covid-19により停止中

アライバルビザと言われ、1番お安く容易に取得できると人気の方法で、プノンペン空港とシェムリアップ空港で申請可能です。ただし、窓口で並ぶ可能性があるため、飛行機を降りたらなるべく早く申請用紙の記入に向かうことをおすすめします。申請用紙は飛行機の中で配られる場合もあります。申請用紙を記入し、申請窓口に並び、申請用紙とパスポートと写真を提出し、発行手数料を支払えば完了です。写真は申請用紙と一緒に、貼らずに提出するだけで良いのでのりなどの用意は必要ありません。また、写真がない場合には手数料2ドル程度を追加で支払うと、パスポートの写真をスキャンして使用してくれます。申請に不備やトラブルが起こった際などは、日本語は通じないため英語での対応になります。お支払は米ドルで現金のみです。パスポート返却時にレシートを渡されます。このレシートはこの後の入国審査時に提出するので、無くさない様にしてください。

4. 事前にインターネットで取得する 2021.10.19に受付再開されました!

E-Visa と言われ、カンボジアの外務国際協力省が直接発行するツーリストビザ(T)です。ビジネスビザ(E) は取得できません。外務国際協力省の公式ウェブサイトのみで申請が可能です。問題が発生する場合は、大使館や領事館ではなくカンボジア外務国際協力省に直接連絡しなければなりません。その際は英語でメールで問い合わせます。パスポートの顔写真ページの写真(形式はjpegjpg,png,pdfのいずれか)と申請者の顔写真(形式はjpegjpg,pngのいずれか且つ2MB以内)を用意し、ウェブ上で申請します。お支払はVISA,Masterなどのクレジットカードでのみ可能です。早ければ申請後約10分で、登録したメールアドレス宛にPDFファイルの「e-visa(電子ビザ)」が添付されて届きます。e-visaは入国時と出国時に必要になりますので、A4サイズで2枚プリントアウトします。この用紙が入出国時に使用するビザの現物になりますので、VISAの部分だけ切り取った上で、パスポートと一緒に入国審査の際に提出します。

〇カンボジア外務国際協力省
 https://www.evisa.gov.kh/
 ※日本語に対応しています

入国ビザ(緑)の選び方

入国ビザ(緑)の種類を選ぶ際には下記を参考にして下さい。ツーリストビザ(T)は、1ヶ月の延長を1度できるのみです。 対して、ビジネスビザ(E)は滞在ビザを取得することで最大1年の延長が何度でも可能です。また、入国後にツーリストビザ(T) ⇄ ビジネスビザ(E)を変更することはできません。

滞在ビザ(青)

30日以上カンボジアに滞在する場合には滞在ビザ(青)を申請しますが、入国ビザ(緑)がビジネスビザ(E)の場合のみ申請が可能です。更に、シングルかマルチプルかで 申請できる滞在ビザ(青) の種類が変わります。滞在ビザ(青)は入国ビザ(緑)の滞在期限日の30日前から申請が可能で、取得までに10〜14日程かかります。入国ビザ(緑)の滞在期限日迄にパスポートが移民局に到着するよう申請すればオーバーステイにはなりません。

滞在ビザ(青)には、ビジネス(EB)、求職者(EG)、リタイア(ER)、学生(ES)の4種類があります。毎年滞在ビザ(青)の申請をすることで長期滞在が可能です。必要書類、滞在可能期間、その後の延長申請可否もそれぞれの種類で異なるため、申請はビザ申請代行会社を利用するのが一般的です。

滞在ビザ取得サポート

弊社では下記の取得サポートを承っております。

通常取得プラン新規1年滞在ビザ取得・1年延長更新手続
※必要日数:10~14営業日
$360 /人
特急取得プラン新規1年滞在ビザ取得・1年延長更新手続
※必要日数:2~3営業日
必要日数が大幅に短縮される特急サービスです。
$460 /人
書類作成サポートプラン新規1年滞在ビザ取得・1年延長更新手続
※必要日数:10~14営業日
申請に必要となる全ての書類作成をサポート致します。
$460 /人
フルサポートプラン新規1年滞在ビザ取得・1年延長更新手続
※必要日数:2~3営業日
申請に必要となる全ての書類作成をサポートし、且つ必要日数も大幅に短縮されるサポートです。
$540 /人
個別書類作成サポート申請に必要となる書類を1種類からサポート致します。
※取得される滞在ビザの種類により必要書類は異なります。
$20~80/種
オーバーステイ対応ビザの期限が切れてしまった場合は別途手続きが必要です。
※オーバーステイ3か月以内まで対応可能
オーバーステイによる罰金$10/日は別途必要です
$140 /人